Polaroid Photo

Pictures from 故人想いの墓地navi

故人想いの墓地navi

最後の最後まで…大切だから!!

固定ページ

アーカイブ

カテゴリー

  • カテゴリーなし

公営墓地のメリットについて

お墓を買うという行為は、一生で一度きりのとても大切なお買い物となります。お墓は故人が安らかに永眠するために、その家族が真心を込めて故人を供養するために必ず必要となるものです。また、お墓は家屋や自動車に次ぎに高価なものとなります。お墓の購入の際には、決して後悔をすることの無いように慎重に判断をしていく必要があるのです。しかし、お墓にもたくさんの種類があって、どれを選択すればよいのかわからないという方もいらっしゃると思います。そのような方にお勧めのお墓が『公営墓地』となります。『公営墓地』とは都道府県や市区町村が運営をしているお墓になります。費用としては、民間が主体となって運営をしているお墓や寺院が主体となって運営をしているお墓と比較をして、永代使用料や管理料は安価となります。利用者の募集は、通常は年に1回から2回程度の頻度でおこなわれます。


地域の広報誌などに公募がかけられ、応募数が多ければ抽選がおこなわれることとなります。中には通年で公募がおこなわれているようなお墓もありますので、運営は各々の自治体により異なってくるようです。ただし、都市部に所在しているような人気の高いお墓は満員状態となってしまっているものも多く、新規の募集が一切おこなわれていないお墓も存在しています。また、寺院が主体となって運営をしているお墓とは異なり、宗派を問われることもありませんので、資格要件さえ満たせばだれでも利用することが出来ます。地方自治体により運営をされていますので、経営基盤の観点からも、破綻をするようなリスクは低く、安心をして利用することが出来ます。立地条件が良いものが多く、交通の便が良いという点も一つのメリットと言えるでしょう。このようにメリットばかりの『公営墓地』ですが、注意点が何点かあります。一つ目は申込要件が厳しいという点です。たとえば、現住所がその自治体にあること、承継者が明確となっていること、既に手元に遺骨があること、などが資格が定められていますので、誰でも応募できるという訳ではありません。なお、遺骨が既に手元にあることが募集要件となっていますので、生前にお墓の購入をすることは出来ません。


二つ目は競争率が非常に高いという点です。メリットが非常に多いため、人気が高く、中には競争率が数十倍となってしまい、取得が非常に困難なお墓も存在します。以上のように、『公営墓地』は利用者にとって非常に魅力的なものとなりますので、お墓探しの際にはぜひ選択肢に入れてみた方が良いでしょう。